So-net無料ブログ作成

HA23S型アルト愛車化作業 [車・バイク]

新型ジムニー納車待ち10ヶ月目に突入。目途無し。
消費税増税前には、との噂もありましたが年内無理の噂も(汗。

嫁さんのスペーシア(CVT)、爺婆のアルト(5速マニュアル)を
借りて凌いでますが、爺さん腰を痛めて車乗れず。今年中には
免許返納を考えていたようで、もう乗ることは無さそう。

借りてる車だったので、現状を変えないようにしていましたが、
運転するのは自分だけ、になったので自分専用車にすることに。

20190902alto01.jpg

まずは洗車。ちゃんとカーシャンプーで。
アルト小さいので、あっと言う間に完了。

20190902alto02.jpg

車庫に転がっていたスプレー式のワックスも掛けてみました。
が、今さら?手遅れ?艶なんかありませんww。

続いて内装。自分に不要なものは車外へ。
土色になっているマットを外し、高圧洗浄機噴射。
噴いても噴いても泥が湧き出てきます。何年分なんだか…。

20190902alto03.jpg

適当な所で諦め干しました。
車内に掃除機を掛け、車内に積もった埃を拭き取り、
気休めと知りつつシートクリーナーも。

メンテ用品、色々在庫有り。買うのは好きだが使うのは面倒。
なのでいっぱいあるというww。

20190902alto04.jpg

窓は無水アルコールで拭くと良いそうなので買ってきました。
ついでに人間用アルコールを買ったのは当然ですw。
無水アルコールをタオルに吹き付けガラスをゴシゴシ。
拭きむら、拭き跡も無くクッキリに。

20190902alto05.jpg

車内スッキリ~。気持ち良く運転できそう。

ところで、

20190902alto06.jpg

ドアに泥汚れがこびりついてるな~、中々落ちないなぁと
思ったら錆でした。んー、平成15年式の16年目。だよね-。

あと少し頑張って貰えば良いので応急措置を。

20190902alto07.jpg

何故かw、こんなものも車庫に転がってます。錆転換塗料。
シルバーですが、錆が広がらなければOKなのでベタベタと。

でも?、グローブボックスからタッチペイントが出てきました。
年数が経ちすぎてドロドロペイントでしたが無理矢理塗布w。

20190902alto08.jpg

じゃん!。錆転換塗料のシルバーの上にタッチペイント。
何かを貼ったようになってます。錆よりは良いでしょうw。

この平成15年式アルト(LA-HA23S)なかなか楽しいです。
クラッチのクセが掴めず、最初は手こずりました。
低速トルクが足りないのか?繋ぎが早いとエンジン回転低下、
ギクシャクギクシャク。無造作にアクセルを緩めるとガクガク減速。


丁寧に丁寧にを心がけ、ようやくスムーズに。
そしたら思いの外活発に走ることが判明。調べたらエンジンは
K6A型。660cc3気筒DOHC。ショートストロークエンジン。
54馬力あります。そして車重はたったの690kg。

回すと気持ちいい。パワーを使い切る喜び??w
バイク以来のsuzukiツインカム。それなりに良い音。そそられるw。
タコメーターは無いので音で判断。って、説明書見たら1.5倍回してたw。
まだ伸びそうだったので大丈夫でしょうw。(ホントか??)
※追記
 車速とエンジン回転数の関連が分かりました。
 https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2019-09-12

パワーウェイトレシオはパンダより良好。新型ジムニーよりもいい!
ジムニーに乗り換えると満足するはずが、パワーに不満感じるかもw。