So-net無料ブログ作成
スキー・ボード ブログトップ
前の10件 | -

スキーの積載はこんな形 クレトムインテリアバー他 JB64 [スキー・ボード]

記事第3弾?内装編。と言うほどではないですw。ラストです。

クレトムのインテリアバー、ネットとセットの物を購入していました。
コチラ=https://kamakesi01.blog.ss-blog.jp/2019-12-19

ネットにゴーグルとか手袋干して、バーにウェアぶら下げて、と妄想。
取り付けたので早速実演。ついでにスキー板も積載。入るのか??

20200202jimny09.jpg

板、まっすぐ入りませんでした。斜めにして後席と前席の間。
パンダやアルトでも真っ直ぐ入ったので、それより狭い?
室内の高さが足りないのか?

どうせ一人でしか乗らないので、斜めでも入れば問題なしです。
問題は…、仕事の都合で4月にならないと出動できないこと。

寒風山へは行けそうですが、雪が無いw。
そして4月もなってみないと行けるか不明。異動先次第。
明るい希望を持って頑張ります(泣

20200202jimny10.jpg

定番?のドリンクホルダーも装着。カーメイト製。
納期が長いお陰?で、良い品が発売されました。と言うことで。

小学校のスキー教室お手伝い2020 [スキー・ボード]

今年も近所の小学校に頼まれ(売り込みw)、スキー教室のお手伝い。

雪が無いので薬師山への出動は無し。(子どもたちは1回のみ)。
しかし水晶山は違いました。

20200131ski01.jpg

あります。花輪の街まで雪が無いのに、登り始めたら圧雪凍結。
なんででしょ?ありがたいことですw。

20200131ski02.jpg

コンディションが不安だったので、子どもたちが来る前に下見。
ガリガリです(汗。どこ滑らせたら良いのでしょうか…。

でもリフト係の方曰く、「すぐ緩む~」。アテにしますw。

子どもたち到着。割り当ては昨年も担当した子どもたち。
コチラ=https://kamakesi01.blog.ss-blog.jp/2019-02-01-2

去年はスキーの上で動く(ことによってスキーを動かす)、
バランス能力をアップさせる、ことが出来る芸をw伝えながら
せっせと滑る量を稼ぎました。さて、今年は??

ガリガリコンディションを慎重に滑りながら子どもたちを観察。
パラレル導入のネタを試せそう。下の緩い斜面でお試し。

内足の先行動作と内足の外エッジ活用。
って大人には伝わる話をスキー用語無しでどう伝える??
伝えてる私が訳分かりません(汗。ま、取りあえずと1本。
何と!パラレルなってる~。この子たちスゲ~。

残念ながらそれを拾って更に伸ばす術は私にはありません。
指導員でも何でもないただの爺さん(小学生にとっては)。
でも、スキーの楽しさは伝えたいと思います。

昼休みを挟んで滑ること9本目(私の10本目)、脚が痙攣。
子どもたちを高速プルークで引っ張るお仕事。ツライ。
「自由に滑りたいか~?」「イェ~」
「じゃあ今までやったことを試しながらどんどん行こう」
で、私は後方をたらたらとw。

子どもたちの脚(板が)、動いてます。すげー。上手くなってる。
私の教え方が良かった?などと言うことは無く、楽しませてると
勝手に上達します。すげーわ子どもたち。

全部で12本(私は下見を入れて13本)、堪能。
帰りの車で左足攣りました。嫁さんの車(CVT)で良かった(汗。

20200131ski03.jpg

花輪の街をバックに満足の子どもたちとご父兄の方。
喜んで貰えたし私も楽しいし、来年も呼ばれたいw。

雫石忘年会ツアー、2日目はスキーメイン。呑むけどw [スキー・ボード]

令和元年12月28日(土)

ノンビリと起床、ホテルのバイキング美味しい。
夜中の降雪で滑走可能コースが増えました。
リフトもほぼ全基営業。(1基だけナイターから)。

網張、岩手高原への移動も考えましたがこのまま雫石で。

20191228sizukuishi01.jpg

ロープウェイを降りたファミリーゲレンデから山頂方面。
見えてます。昨日と違います。穏やか。

20191228sizukuishi02.jpg

ファミリー、パノラマと乗り継ぎ、本日から営業の高速クワッドへ。
高速クワッドコース、長い。脚パンパン。鍛え方不足です(汗。
でも面白いので数本。

サンシャインリフトへ移動し、ゲレンデトップへ。
開放してないはずのスラロームバーンが開いてました。

20191228sizukuishi03.jpg

既にズタボロ。私好みw。一応中央に圧雪?部分有り。

20191228sizukuishi04.jpg

私好みの荒れた中斜面。楽しく縦に縦にウィリーテレマークw
人が居ないから。穴場です。

20191228sizukuishi06.jpg

動画から切り出し、N家父の姿。

20191228sizukuishi05.jpg

良く頑張ったので?w、アリエスカで忘年会2日目。
N家の息子、小学生、中学生だったのが成長し免許持ちに。
私もN家父も心置きなく忘年会w。

帰りの車もコンビニで酒を仕入れながらの宴会仕様。
たっぷり滑って?、たっぷり呑んだ良い年末でした。
N家の皆様、ありがとう。

雫石忘年会ツアー、合間にスキー [スキー・ボード]

令和元年12月27日(金)

毎年ご高齢な恒例のニセコ忘年会ツアーが諸般の事情で中止。
N家の皆さんと雫石スキー場で忘年会となりました。

今年はどこも雪無し。雫石スキー場も無いけど他も無い。
悩んだ末、当初の予定通り雫石スキー場へ。
主目的は酒なので私的にはどこでもww。

が、我々の到着に合わせるかのように(違w、降雪が。

20191227sizukuishi01.jpg

泊まり客の車の上にたっぷりの積雪。当たり??

20191227sizukuishi02.jpg

早速アリエスカ。年末だというのに空いてます。
というか、雫石スキー場が空いてます。穴場?
かく言う私も20年以上来てないのかも。最後に来たのは
ゴンドラが2基あった時代かも。N家の子どもたち生まれてない??

20191227sizukuishi03.jpg

忘年会スタートw。ベアレンビールがありました。
ツマミも兼ねてホットドッグと。

20191227sizukuishi04.jpg

一応合間にスキー。視界悪し。濡れ雪降ってます。
濡れ雪がリフトに積もる→凍り付く→ケツの熱で溶ける→
防水の死んでるウェアからパンツに染み込む→ケツ凍る。
というツライ状況。

20191227sizukuishi05.jpg

そして風も。スキー立てが突風でひっくり返りました。

20191227sizukuishi06.jpg

と言うことで避難w。ロープウェイ乗り場のラーメンあねっこ。

20191227sizukuishi07.jpg

ラーメンをツマミにチェックインの15時を待つ状況。ケツ冷たいw。
今回のホテルは雫石プリンス。なんと!1泊2食付き7000円。
穴場かもw。

20191227sizukuishi08.jpg

早々とチェックイン、風呂にも入り延々と宴会w。

20191227sizukuishi09.jpg

夕食はバイキング。ズワイガニ食べまくりのN氏。
お酒は奮発?して、南部美人とあさ開の大吟醸を。

20191227sizukuishi10.jpg

冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば、もありました。私のオツマミw



寒風山でシーズンイン BCクロカン [スキー・ボード]

令和元年12月7日(土)


今季は諸般の事情で遠出できず。寒風山と薬師山だけ?
その寒風山に雪がありそうなので出動。明日には溶けそうだし。


気温が上がったせいか途中まで雪無し。ちょと不安(汗。
寒風山に入ったら道路に積雪。FFアルト頑張って登りますw。

20191207kanpuzan01.jpg

積雪微妙。最悪、白い部分を滑って遊べば良いかと準備。
そこにもう一方登場。

20191207kanpuzan02.jpg

ササッと登って行くそのお姿、そして今年も設置済の竹竿。
レジェンドでした。御年87歳のハズ。見習わねば。

20191207kanpuzan03.jpg

登行中。素敵なモナカ(クラスト)雪です。
デジカメをザックの上にセットしセルフ撮影。からの切り出し。

20191207kanpuzan07.jpg

20191207kanpuzan06.jpg

カメラ回しっぱなしにしての撮影。6分撮って5秒とか。
一応狙って滑るものの、近すぎたり遠すぎたり、そこじゃない感w。
雰囲気はお伝え出来たでしょうか?

20191207kanpuzan05.jpg

姫ヶ岳、真山をバックにも。
ここら辺は疲れてワンターンのみの一発撮りみたいな。

20191207kanpuzan04.jpg

白い部分のみを滑走。鳥海山スプーンカットで鍛えた?
板の長さ×3本分をデラ掛けして滑った成果w。

20191207kanpuzan08.jpg

レジェンドはスノーボードに履き替えて滑走中。すげー。

20191207kanpuzan10.jpg

天気が良くなりいい絵が撮れるかも、でしたが気温も上昇。
雪が腐って滑りにくい。モナカよりも厳しい。ので退散。

来週は気温が上がる模様。一旦溶けると思います。
ので、その後に期待。

セルフ撮影動画。ほぼ風景から人の姿を探すの大変でしたww
人の居る部分を繋げて編集 1分7秒。




https://youtu.be/vGBRkD4GA8M

icon8 1/2のDVD買ってきたんで感想など [スキー・ボード]

Mt.石井スポーツ秋田店から「icon8 1/2」のDVD買って来ました。

20191124icon01.jpg

試写会&その後のキックオフパーティも思い出しながら感想など。

高清水の純米大吟醸、甘い感じで飲みやすい。芳醇グラスもグッドw。
って、お酒の感想ですww。

改めてicon8 1/2につてい思い付くままに。

1934年!に三省堂から出版された「雪の山旅」というスキーツアー本、
これに紹介されてるルートを秋庭さんが辿るというパート、八幡平です。
おお、いつもの駐車場、いつもの道路電光掲示等々、盛り上がります。

この本、たまたま秋庭さんが近所の古本屋で入手したんだとか。
結構需要があったようで増刷しているとか、今で言うレイヤー、重ね着
について記述があったり、ツアー中の糧食についての記述があったり、
と秋庭さんから伺い、今のスキーヤーと同じだなぁと。でも用具は
今の方がずっと良く(楽に?)なってるから昔の人スゲー。

ということで、古本探して注文しちゃいましたw

あと、河野健児氏のパウダー滑走はぇ~。スピードは正義w

他にも色々あるんですが映像と音楽に包まれて滑りたくなりました。
早く寒風山に積もらないかな。(今年は寒風山メインになりそうです)

仙人蔵(秋田市)で icon8 1/2 の試写会 [スキー・ボード]

この時期恒例の試写会&キックオフパーティが秋田市でありました。
試写会は、夷フィルムの「icon 8 1/2」。
会場は秋田酒類製造(高清水)の仙人蔵。毎度お世話になります。

20191120icon01.jpg

開場19時に到着。既にいつもの皆様がw。
そして、いつもやってる試飲が無い??無いのかな、と思ったら
仙人蔵の向かいにショップがオープンしたそうで、そちらへ。

20191120icon02.jpg

20191120icon03.jpg

20191120icon04.jpg

美味しかったので、出たばかりという大吟醸「生」を。
ついでに?芳醇グラス。おつまみ用に酒粕。さらに、トートバッグ。
ついつい買っちゃう酒蔵のショップ。

20191120icon05.jpg

再び会場へ。上演を待ちます。
今回は関口さん(ケニアさん)の他に、ベクターグライドの
秋葉将之さんもいらっしゃっててビックリ。ラッキーw。

関口さん、秋庭さんと挨拶の後、上映開始。
映像と音楽、引き込まれます。
ボードの動き、テレマークに取り入れたいなぁというのがいっぱい。
(きっと出来ないw。気持ちだけでも取り入れたい。)
凄い皆さんの凄い滑りと、素晴らしい映像にあっという間のエンディング。
今作はいつもより短め(といっても45分)とのこと。それもあって1/2。

主催の石井スポーツ泉店長の挨拶で終了。その後、キックオフパーティへ。

20191120icon06.jpg

会場はあくらビール。毎度のバフライダーメンバーに宮城からのテレ女子。
関口さん、秋庭さんを囲んで撮影の話やあれこれな話。いい話が聞けましたw。

20191120icon07.jpg

忘れないための参加者メモ
kadowaki、sekiguchi、akiba、urushiyama、izumi、hasebe、miura、
iwamoto、oide、kuriya、igarashi

20191120icon08.jpg

23時閉店のためkuriyaさん行きつけのお店へ。エフエム秋田でOLD POPという
番組をやっている、松村サトシさんのお店。うわぁ~ラジオで聞いた声だ!
kuriyaさん曰く、ラーメンが美味しいんだとか?

20191120icon09.jpg

本日はカレーでしたw。トーストとカレー。美味しかった。

20191120icon10.jpg

一泊して電車で出勤。駅前に置いてった車は積雪5センチ。
試写会で盛り上がった気分がさらにアップ。

この週末は石井スポーツ秋田店へDVDを買いに行きます。
ネットでも買えるけど、主催してくれた石井秋田店の売り上げに
微力ながら貢献します。微力にとどめる所存ですw。

バフライダー1号氏送別会 [スキー・ボード]

バフライダー1号ことO氏がご栄転のため暫し秋田を離れることに。

歌うバフライダーことK脇氏の企画で送別会(壮行会?)を開催。
バフライダー全員参加。(でしたが、インフラ系のお二人が世のため
人のためのお仕事へ)。

20191012buff01.jpg

練習。バフライダーかずっち氏のお誘いで、からす森。
バフライダーyone-X氏、kuri氏の4人。準備運動w。
お隣に仕事でお世話になってる方々が居たような…。

20191012buff02.jpg

体が温まったところで本番会場、アーティチョーク。
歌うバフライダーK脇氏の設定。

20191012buff03.jpg

主賓O氏ご挨拶。後々、奥のスクリーンで凄いものがw

20191012buff04.jpg

歌うバフライダー氏の人脈&O氏の人徳かビデオメッセージが凄い。
すすきのサッポロご栄転を祝う某・有名ライダーによるケツでの
小枝折り。(ケツでの割り箸折りという技?芸?のバリエーション?)。
ケニア氏からアイコン8_1/2のトレーラー未公開部分。
(秋田で試写会やるよ~、の情報も)。

なんか凄い空間でした。メンバーが濃いせいもありますが。

20191012buff05.jpg

で、ワープしたら2次会の永楽食堂。はい、記憶飛んでます(汗。

20191012buff06.jpg

バフライダー2号ことU氏も登場。すごく盛り上がりました。
私も瞼の表にしっかり焼き付けていたようです…(滝汗

O氏のススキノ札幌での活躍をお祈りすると共に、
みんなで行きましょうww


奇跡?のフラット 鳥海山心字雪渓スキー [スキー・ボード]

令和元年8月18日(日)

20190818sinji06.jpg

2週連続鳥海山秋スキー。
先週は嫁さんの車が快調で踏み過ぎガス欠寸前に(汗。
今週は燃費を意識した運転。倍近く違います。6時前に駐車場。

本日の行程
滝の小屋線駐車場6:06-6:22滝の小屋6:28-7:22河原宿7:42-
7:51大雪渓端(1560m付近)-8:21大雪渓3枚目(1710m付近)

大雪渓3枚目12:39-12:58大雪渓端13:25-13:33河原宿13:45-
14:23滝の小屋14:28-14:40駐車場

20190818sinji01.jpg

準備を整え、6:06出発。滝の小屋へ。滝の小屋で青森からの2人と合流。
suzukiさんとmatsuoさん。初の鳥海山残雪スキー。ガイドはyasuさん。

先週と同じ装備、先週より低い気温、なのに絶不調の私。汗ダラダラ。
盆期間中、連夜の飲み会が効いてる模様。悪いものが噴出…

20190818sinji02.jpg

やっとのことで河原宿。休んでると寒いくらい。
先週は繋がっていた大雪渓は3枚に分かれてました。

ゆっくり休んでから雪渓へ。台風の雨のお陰かスプーンカット小さめ。
一番下の雪渓で良いんじゃないかなぁ~。とお疲れな私ww。
でもガイドのyasuさん曰く「大雪渓3枚目が良いはず」。

大雪渓2枚目も良い感じ。ただ、ちょっと短い。
がんばって3枚目へ。なんと、スプーンカットの凸凹極小。
我々的には、ど・フラット(当社比)。

20190818sinji03.jpg

ここを本日のゲレンデとする宣言。(某・番組を真似てw)

20190818sinji16.jpg
外輪山をバックにyasuさん

まずは1本。大きめの凸凹に気をつければ快適斜面。飛ばせます。
1本目は標高差30m距離110m。2本目以降は気持ち上から。
ちょっと長い標高差40m距離150m。

20190818sinji05.jpg
matsuoさん(左)suzukiさん(右)
雪渓でフォーメーションw。その発想は無かった。


雪渓トップへも1本だけ。標高差70m距離320m。
滑ってるうちに気温が上がり雪も柔らかに。ますます滑りやすい。

20190818sinji06.jpg
自分

あえてエグれてる場所を滑ってみたり。楽しい。
我々、いや私としては、いつも以上に精力的に滑りました。

上の小雪渓では岩手のボーダーさん(女性)と五城目のsarutaさん
(BCクロカン)が滑っては登り滑っては登りとパワフルに滑走中。
凄いなぁ。と、休みながら眺める私w

最後ザックを背負って雪渓下まで。途中板を脱いで岩場を通過あり。
プラブーツ厳しいw。

20190818sinji07.jpg

山形名物「冷やしスキー」(ジョークです)。板の汚れを洗って撤収。
次は紅葉とスキー?。車次第です。

登りはヘロヘロだったので下りながら花の写真。
シャジンやフウロが少なくなりチョウカイアザミ、ヤマハハコが増。

20190818sinji08.jpg

チョウカイアザミ

20190818sinji09.jpg

ヤマハハコ



本日の動画 3分52秒



https://youtu.be/tNxUa_gXC-Y


yasuさん作成の動画



https://youtu.be/OZRf6o7OomU

山の日の鳥海山秋スキーからの岩ガキ、能代ナイト2019 [スキー・ボード]

令和元年8月11日(日)

20190811choukaisan09.jpg

山形名物 冷やしスキー。
冷やしラーメン、冷やしシャンプーに次ぐ名物として(嘘ですw

今年もyasuさん、kimuraさんと鳥海山心字雪渓へ。
もちろん帰り道には岩ガキ、お泊まりは能代。能代ナイトw。

山の日だし連休だし駐車場溢れるかも、と2時起きで出発。
5時前に到着。駐車場残り数台。30分後には路上駐車に。

本日の行程

滝の小屋線駐車場6:13-6:29滝の小屋-7:18河原宿7:38-
7:45大雪渓端(1560m付近)-8:41小雪渓(1820m付近)

小雪渓13:26-13:54大雪渓端14:26-14:34河原宿14:38-
15:16滝の小屋-15:31駐車場

20190811choukaisan01.jpg

滑りを楽しむため、いつものBCクロカンに代え
プラブーツ&ゲレンデ板。重い。大丈夫か自分。

気温も高いし、ゆっくりゆっくり。
八丁坂は風が有り助かる。花もキレイで癒されます。
ハクサンシャジン、トウゲブキ、ハクサンフウロ等々。
写真撮る余力無しw。下りでちょっと撮影したのを↓

20190811choukaisan02.jpg

ヤマハハコ

20190811choukaisan03.jpg

河原宿にトウウチソウ。赤いけど多分シロバナトウウチソウ。

20190811choukaisan04.jpg

河原宿手前から心字雪渓。昨年よりは多い。大雪渓繋がってる模様。
(繋がってました。昨年は3つに分かれてました。)
昨年=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2018-08-13

雪渓の様子を見ながら登り、一番上の小雪渓へ。

20190811choukaisan05.jpg

ここが良さそうです。スプーンカット小さめ。尖りも甘い。
雪も柔らかなので、当社的にはフラットww。

20190811choukaisan06.jpg

雪渓から庄内平野。黄色い花はニッコウキスゲとミヤマキンポウゲ。

20190811choukaisan07.jpg

雪渓下端は1800m付近。トップは1910m付近。ベースを1850m付近に。
写真は雪渓トップから。

トップからベースまでは標高差60m、距離160m。
もうちょい下ると標高差90m、距離240m。でも登り返しがツライw。
我々にしてはよく頑張ってw、5本滑走。

でも雪渓にはもっと頑張るテレマーカーさんが。

20190811choukaisan08.jpg

群馬からいらしたそうです。プラブーツにステップ板。
滑り降りるとすぐに登り返します。我々の到着前から。
そして我々が下る時にも。

話を伺ったら、今日はプラブーツで明日は革靴細板で、
3日目はBCクロカンというハードなスケジュール(汗。
凄いとしか。

そして昨年もお会いしています。昨年は2日目だった模様。
コチラ=https://kamakesi01.blog.so-net.ne.jp/2018-08-05

ラスト、ザックを背負って1870m付近まで登ってから滑走、撤収。
雪渓端まで1.3km。ガタガタ。修行。

20190811choukaisan09.jpg

スキーを洗い、靴を履き替えて下山。ですが、
靴を履き替える体勢を取ったら両足痙攣。攣りました(汗。
ここまで良くもちましたが、やっぱり…。
ゆっくり片付けてる間に何とか治まりました。ヤレヤレ。

20190811choukaisan10.jpg

帰り道はいつもの道の駅鳥海の隣の魚屋さんで、岩ガキ。

20190811choukaisan11.jpg

そして能代ナイトw。

本日の動画 2分20秒



https://youtu.be/jZ--PhAC9KA


yasuさん作成の動画



https://youtu.be/V6uztkgtf0E

前の10件 | - スキー・ボード ブログトップ